切手
レトロ機って

切手のサイズの移り変わりについて

切手は現在どのような種類であっても基本的にサイズは同じとなっており、シールタイプの切手のように自分たちで好きなようにサイズ変更できるもの以外は一定の大きさとなっています。これはハガキなどに貼り付ける際に綺麗に並ぶようになっているためであり、郵便局で発行される際にサイズなども調整されるようになっているからです。 では、昔から現在と同じサイズだったのかと言うと実はそうではなく、切手の大きさに関しては時代と共に変化してきたといわれています。また、日本で始めて切手が生み出された最初のころは手作業で製造されていたため大きさも不定でありバラバラだったのですが、1876年にヨーロッパの切手製造の技術を会得してからはようやく一律のサイズで作成することができるようになったと言われています。このようなことから、日本の切手のサイズは海外の影響を大きく受けていたものとされており、その結果現在の大きさに落ち着いたと言うことになっています。

魅力的な切手イラストを楽しもう 切手月に雁というものをご存知ですか 切手の値段の変更と消費税について いろいろある切手のサイズ豆知識 変わらぬ人気!見返り美人切手!
切手のサイズの移り変わりについて コンビニでも切手が買える時代です 沢山の種類の切手を買うなら通販がお得です 切手にも正しい貼り方が存在します 切手金額一覧種類の豊富さに驚き!