切手
レトロ機って

切手にも正しい貼り方が存在します

手紙などの郵便物を誰かに郵送する場合に必要となる切手ですが、実際は正解となる貼り方があります。通常は長方形である封筒やハガキを縦長に使用して郵送する場合の切手の貼り方は、一般的に広く知られているように左上に貼るのが常識です。ただし、切手には貼りつける範囲があり、郵便局にて消印を捺印する際の機械に合わせた範囲内であり、左上の縦7センチ×横3.5センチ内がこれの範囲となります。この範疇を超えた場所では、郵便局の人の手を煩わせることになり、また、無駄な時間がかかります。横長に封筒やハガキを使用する際の切手の貼り方は、右上にするのが原則です。向きとしては、封筒の開封口や郵便番号欄も共に右側となる向きです。これも消印を捺印する機械と関係があり、郵便物を機械にセットする際の向きと適合しています。貼り付ける範囲は縦長使用と同じで、また、横長の使用であっても縦長に見た時に切手が左上に貼ってあれば正解です。絵葉書の場合も同じで、表にメッセージと宛名を書く種類のものを横長に使用した際は、切手と同様に宛名書きも右側になります。

魅力的な切手イラストを楽しもう 切手月に雁というものをご存知ですか 切手の値段の変更と消費税について いろいろある切手のサイズ豆知識 変わらぬ人気!見返り美人切手!
切手のサイズの移り変わりについて コンビニでも切手が買える時代です 沢山の種類の切手を買うなら通販がお得です 切手にも正しい貼り方が存在します 切手金額一覧種類の豊富さに驚き!