切手
レトロ機って

切手金額一覧種類の豊富さに驚き!

普段、何気なく使っている切手。 しかし、切手の金額の種類一覧は?と聞かれたらそう多くは答えられませんよね。切手は郵便物等によって使い分けます。日本で発行されている切手で一番金額が高いのは1000円(富士図)です。 でも、様々な重さや配達区分に対応するためには1000円切手など使いづらいのでは? と感じる人も少なくはないでしょう。では、一体どこに使うのか? 答えは裁判所です。裁判所から送られてくる特別送達というものに使います。 特別送達とは、民事訴訟手続や破産手続きに関する書類、審判書膳本等、裁判員呼び出し状などに使われます。1000円もこのような使い道があります。但しあまり一般人とは関係性が薄いので存在があまり知られていません。ここで、切手一覧をご紹介しましょう。ただし現在の一覧ですので種類は少ないです。1円、2円、3円、5円、10円、20円、30円、50円、82円、92円、100円、です(記念を除く)。これならさまざまな郵便物に対応できますね!

魅力的な切手イラストを楽しもう 切手月に雁というものをご存知ですか 切手の値段の変更と消費税について いろいろある切手のサイズ豆知識 変わらぬ人気!見返り美人切手!
切手のサイズの移り変わりについて コンビニでも切手が買える時代です 沢山の種類の切手を買うなら通販がお得です 切手にも正しい貼り方が存在します 切手金額一覧種類の豊富さに驚き!