前へ
次へ

MEO対策は上位表示のチャンスになる

現在、インターネット検索はモバイル検索の割合が半数を超えています。ローカル検索結果がファーストビュー

more

MEO対策では詳細な店舗情報入力のひと手間も

登録無料のGoogleマイビジネスへの登録が、MEO対策のファーストステップともいえます。実はその前

more

MEO対策がどのようなものか理解しよう

SEO対策ではなく、MEO対策に注目するというケースも増えています。そもそもMEOというのは、マップ

more

MEO対策でいくつか意識しておきたいことを知る

地域のお店の売り上げを伸ばすためには、その地域の人に知られていなければいけません。リピーターを増やすことも重要ですが、初期の段階ではいきなりリピーターが増えるはずもなく、まず初めてそのお店のことを知る人を増やすことです。そして何よりも、いちどお店に来てもらうのが良いでしょう。この最初のきっかけをつかむ上で重要になるのは、インターネットの存在です。最近はパソコンだけでなくスマートフォンからも情報を閲覧する人が増えています。2020年の段階では、スマートフォンによる情報検索はパソコンを上回り、全体の55%の人がスマートフォンで情報を検索しています。このように考えれば、スマートフォン向けの情報検索が大事になる事は火を見るより明らかです。そこで大事になることの1つが、MEO対策と呼ばれるものです。この対策は、SEO対策と異なり地域限定のSEO対策のようなものです。MEO対策に向いているのは、特定の地域で営業している場合です。逆に特定の地域でしか営業していないのに、全国的に情報が行き渡るSEO対策をしても、費用対効果の面ではあまり得策ではありません。地域に根付いているお店があるからこそ、MEO対策が重要になるわけです。MEO対策をする場合に理解しておきたいことの1つは、関連性になります。例えばキーワードを乗っける場合、ユーザーが検索しているキーワードに関連していることが重要です。例えば、ラーメン屋さんを開店した場合、お店の名前をキーワードにしてもあまり意味がないでしょう。なぜならお店の名前で検索してくるような人は、すでにそのお店のことを知っている可能性が高いからです。それよりも、自分のお店の商品の中でも、知名度の高い商品名を入れておきましょう。あまりお店固有の名称ではなく、一般的に呼ばれている名前を単語として設定するのが良いです。例えば、味噌ラーメンや醤油ラーメンなどがこれに該当します。その店の中では、味噌ラーメンを別名で読んでいる可能性もありますが、その別名を知らない人に検索してもらうため、あえて別名をしなくても良いでしょう。少なくともキーワードの1つとして入れるのは避けた方が良いかもしれません。何のためにMEO対策を施す顔、いまひとつ考えることも大事になります。多くのお店がMEO対策を行う理由は、知名度を高めて利益を出すためです。では知名度を高めることと利益を出すこともどちらが重要かと言えば、当然後者になります。いくら知名度が高くても、お客さんが来なければ意味がありません。そのため、知名度よりも利益につながっているかを重視する必要があるでしょう。間違えてはいけないのが、知名度が高いからといって利益もそれに比例して高まるわけではないことです。知名度はそれほどないけども、売り上げが高く利益が出ているお店はいくつも存在しています。

top用置換

top用置換2
Page Top